ファームガーデンの宝者(モノ)

29歳イケメン熱血農業指導員 新温泉農業改良普及センターの山口 岳人さん

トピックスイメージ
農家離れが進む昨今。
こんな熱血農業指導員の方の出会えた事に感謝です。
それも、29歳(残念ながら既婚・・・)という若さ。

今の仕事を始められて8年目、美方郡に来てからは4年目。

 

今の仕事に就くきっかけになったのは、もともと大学で農学部におられ海外で農業の指導されるのを目の当たりにして「これだ!」と思ったそうです。大学の先生も指導員をされててそれも大きかったとの事。

なかなか夢って見つけられないのに、山口さんは、この体験で自分の夢をみつけられたんでしょうね。うらやましいですね。。。

 

ファームガーデンの農産物売り場(農家との連携や強力タック、そういったしくみ)を、農業モデルになるように広めたいと頑張っておられます。私たちもそう言ってもらえて光栄です。

 

 

また、昔からあるこの土地(山間地)ならではの野菜を大事にして品目などしっかり選んで培っていければ・・・と。

 

いつも心がけている事は、やはり現場を守っておられる農家の方々と出来るだけ顔を合わせるようすること。サスガだと思いました。
(農家の皆さんと目線を同じにしておきたいそうです)
今は指導員として活動してますが、自分自身も出来れば
農業を営んでみたいという夢があるそうです。

 

農産物のイベントの際は毎回必ずスタッフとして参加され各野菜の部会や会議にはいつも出席されてます。

 

いつも前向き&ポジティブな姿勢にこちらも励まされます。

 

 

これからも応援よろしくお願いします。

2010年07月31日(土)