メニュー&お土産の生い立ち

第14弾 但馬牛醤油

トピックスイメージ

当駅には、たくさんのお土産があります
どんどん進化し、新しいお土産やオリジナルのお土産の開発もおこなっております。ここでは、大好評のお土産を紹介していきます 手土産に、自分へのお土産に、お中元やお歳暮、贈答品などにご利用ください

お土産ができた秘話、そのお土産にちなんだ、あれや、これやをお伝えしていこうと思います

お土産コーナーからズームインお土産の生い立ちをご紹介

第14弾但馬牛醤油

このメニューが出来た由来

当駅のレストランでは、以前ステーキ類・焼肉膳に自家製特別レシピのタレをお付けしておりましたが、甘口のコッテリした系統のものでした。

ですが、よりお肉の味が楽しめて年配の方ももっと但馬牛を食べられるソース(タレ)は作れないかと考え、かねてより「べんりで酢」等でお付き合いがある、香住の醸造メーカーである「?トキワ」さんへ相談、トキワさんの開発力を借りれば、必ずや美味しいものが出来るであろうと当駅からも但馬牛の精肉を提供し、出来上がりました。

お客様の人気

 

現在レストランメニューでは、ステーキ類・焼肉膳等にこちらこの、但馬牛醤油をお出ししておりご好評をいただいております。
あっさりした味わいと出しゃばらずお肉の味を引き立てる絶妙な味加減が素晴らしいと自負しております。

 

当駅から伝えたい こだわりポイト

完成まで約3年の歳月をかけ、納得のいくものが出来るまで妥協せず開発して下さいました。
出来上がった現在もより良い味を求め、何度かマイナーチェンジをされました(基本の味はそのままにクセを無くして、他の食材でも合うような微調整をされたりしました)。

 

おすすめの食べ方

オススメの召し上がり方は、こちらの牛醤油に大根おろしとわさびを混ぜてお肉に付けて頂くとより美味しく召し上がれると思います。

 

お肉以外にも、おひたしや冷奴、野菜炒めなどにもお使い頂けますので是非お試し下さい。
個人的には、卵かけごはんも牛醤油です。
2015年09月01日(火)