メニュー&お土産の生い立ち

第五弾 但馬牛角煮丼

トピックスイメージ

当駅には、たくさんのレストランメニューがあります
また日々進化し、限定メニューなんかも登場しお客様に大変好評頂いております ありがとうございます

そこで今年から、メニューができた秘話、そのメニューにちなんだ、あれや、これやをお伝えしていこうと思います

ずばり厨房からズームインメニューの生い立ちをご紹介

第五弾

但馬牛角煮丼


このメニューが出来た由来
新メニューを考える中で、厨房の長 西谷が考案
「豚の角煮があるなら、牛の角煮がもありじゃないか?」が発端で試作したのが始まりです
その中で、味付けや部位を試行錯誤
ようやく、今日の味付け・レシピへたどり着きました



お客様の人気
今まで、ありそうでなかった牛の角煮
人気は上々で毎月ベスト10に入ってます
以前テレビ番組でも紹介頂いたり、特に女性に人気


調理部から伝えたい”こだわりポイント”
前バラ肉を使用しているのですが、少し硬かったり脂身が多かったりするので豚の角煮同様に柔らかくなるまでじっくり煮込みます
醤油ベースの味付けで、トロントロンになるまでじっくりと
(お客様のテーブルへお届けする際もドンブリの上でプルンプルンしてます甘辛い味付けは村岡産コシヒカリとの相性もバッチリ


但馬牛の場合に使っている部位や地元ならではの食材
前バラを使ってます
脂身は多めですが、煮込んだ後に熱を取って浮かび上がる余分な脂は使ってませんので胸やけするような脂肪は限りなく抑えてます


おすすめの食べ方
是非そのまま食べてみて独特の美味しさをお試し下さいませ
甘めの味に変化が欲しい時は付属の辛子で、志向を変えるものお好みでどうぞ
ファームガーデンオリジナルの牛角煮丼、是非お試し下さいませ


この角煮丼、女性のリピーターが特に多いです

 

甘さと醤油の味付けが好まれるんでしょうね。

 

すき焼きというよりも、うなぎの蒲焼きのイメージ

 

とにかくクセになる美味しさですよ

 

 

2013年05月31日(金)